お試し NetApp OpenStack Deployment -2

どうも、倉持です。

前回はまず、準備について書きました。今回もまだ基本的な準備ですが、順番にいきましょう。

OS と OpenStack インストールを実施します。

  

Fedora 20 のインストール

 

ここは普通に最小インストール、後々作業しやすく切り分けし易い環境を準備しときます。

 

  • ローカルディスク(スライス)を少し(10GBくらい)確保しておく( cinder-volume 確認用)
  • SELinux 無効
  • Firewald 無効
  • NIC 1つ目:Internet にもアクセスできるようにネットワーク設定
  • NIC 2つ目:ONBOOT=no
  • yum update が上手くできない場合は、/etc/yum.repos.d/{fedora.repo,fedora-updates.repo,fedora-updates-testing.repo} それぞれの metalink をコメントアウトし、beseurl ラインをコメント外す
  • ssh root 許可
  • 不要デーモン停止

 

OS はこんな感じで準備

 

RDO Icehouse リリースインストール

 

http://openstack.redhat.com/Quickstart がベースになります。それほど多く手順はありません。

 

今回使う Fedora 20 では先にいくつかやっとくことがあります。

 

MariaDB 問題

 

いまや、MySQLに代わってMariaDB。先に入れておきます。ただし入れておくは「mariadb-galera-server」

 

[root@tkstack ~]# yum install -y mariadb-galera-server

 

PackStack 実行

 

オールインワンで実行

 

[root@tkstack ~]# packstack --allinone

Welcome to Installer setup utility

Packstack changed given value  to required value /root/.ssh/id_rsa.pub

 

Installing:

Clean Up                                             [ DONE ]

Setting up ssh keys                                  [ DONE ]

Discovering hosts' details                           [ DONE ]

Adding pre install manifest entries                  [ DONE ]

Preparing servers                                    [ DONE ]

Adding AMQP manifest entries                         [ DONE ]

 

 

**** Installation completed successfully ******

 

 

Additional information:

* Time synchronization installation was skipped. Please note that unsynchronized time on server instances might be problem for some OpenStack components.

* Did not create a cinder volume group, one already existed

* File /root/keystonerc_admin has been created on OpenStack client host 10.10.10.10. To use the command line tools you need to source the file.

* To access the OpenStack Dashboard browse to http://10.10.10.10/dashboard .

Please, find your login credentials stored in the keystonerc_admin in your home directory.

* To use Nagios, browse to http://10.10.10.10/nagios username: nagiosadmin, password: 3827c095b8724f79

* Because of the kernel update the host 10.10.10.10 requires reboot.

* The installation log file is available at: /var/tmp/packstack/20140723-162638-0ZJ8l0/openstack-setup.log

* The generated manifests are available at: /var/tmp/packstack/20140723-162638-0ZJ8l0/manifests

 

Horizon へアクセスして確認

 

メッセージにも出ていたように「 http://<IPアドレス or ホスト名>/dashboard 」でブラウザからアクセス可能です。

 

 

インストール後は、admin と demo の2つのユーザが作成されてます。

Horaizon からアクセスする admin と demo とパスワードは /root/{keystonerc_admin,keystonerc_demo}に書いてあります。

 

[root@tkstack ~]# ls -ltr

合計 56

-rw-------. 1 root root  1273  1月  2  2001 anaconda-ks.cfg

-rw-------. 1 root root   180  7月 23 16:49 keystonerc_demo

-rw-------. 1 root root   183  7月 23 16:49 keystonerc_admin

[root@tkstack ~]#

 

このファイルは、OpenStack を操作する上で設定する環境情報が書かれています。各専用のコマンドを実行する場合には、source などで読み込んでから実行すると便利です。シェル環境変数、Java環境変数 、Oracle ユーザなどでも利用されるような環境情報と似たようなものです。

 

ちなみに、パスワードを変更したい場合は以下のコマンドで可能です。

 

[root@tkstack ~]# source keystonerc_admin

[root@tkstack ~(keystone_admin)]# keystone user-password-update --pass password admin

 

*パスワードを変更したら、各 keystonerc ファイルの「OS_PASSWORD」も忘れずに修正しておきます。

 

ログインしていろいろ見てみましょう。

 

systeminfo.jpg

 

左のシステム情報からサービスがきちんと、enabled になっているのを確認します。

 

次回は、インストール後の OpenStack 環境整備です。