Community

Clustered ONTAP 8.2 Expert Workshop Report Part.1

みなさんこんにちは。NetAppソリューションSEの竹谷です。

NetAppの次世代スケールアウトストレージOSClustered ONTAPを担当しており、イベントでの講演から検証、具体的な案件のサポートまで幅広く活動しています。

ONTAP4月上旬に新しいバージョンであるONTAP 8.2RC1がリリースされる予定です。今回、その新しいONTAPの新機能や最新情報、各国の状況などを得るために本社で行われたClustered ONTAPのエキスパートが集まるワークショップへ参加してきました。

飛行機で日本から9時間、サンフランシスコへ到着したのは日曜日でしたので、まずはGoogleオフィスの近くにあるコンピュータ歴史博物館(Computer History Museum)へ!ここは歴史的なコンピュータが一同に展示されている、私のようなマニアにはたまらないテクノロジーに造詣の深い者には非常に興味深い博物館です。

エントランスを入ってしばらく進むと現れるのが、世界初のコンピュータといわれるENIAC!背丈を遙かに超える高さがあります。計算のたびに配線を変えなくてはいけなかったそうですが、大砲が発射されてからその弾が落ちる前に弾の落ちる場所がわかるということで人々を驚かせたそうです。すべて真空管でできているのですごい熱でしょうね。

そのENIACを現在の技術でチップに納めたものがこちら。昔は一部屋あったコンピュータが今では手のひらに載ってしまうほどの大きさになるなんて技術の進歩はすごいですね。

そしてこちらが世界初のハードディスクであるRAMAC24インチのディスク50枚で回転数は1200RPM。重量は1トンを超えるとか(_これだけ大きいのに容量は約4.4MB。今や爪の先ほどで64GBもあるマイクロSDにも遠く及びませんね。

ハードディスクコーナーにあった後援者のリストにはなんだか見覚えのある名前が!The Hitz Foundationは弊社のファウンダーDave Hitzの財団、Daniel Warmenhovenは弊社の元CEOにして現エグゼクティブチェアマンです。

コンピュータ歴史博物館は、この他にもたくさん見所があり、結局お昼も食べずに閉館まで5時間もいました。^^;

この後、サンフランシスコへ戻り、クラスタシアンという店でカニを堪能!ガーリックでボイルされたカニは最高でした!

なんだか遊んでばかりいるように見えますが、ちゃんと仕事もしていますよ!

次回はONTAP 8.2の新機能をご紹介します!

Comments
on ‎2013-03-28 08:29 PM

カニがおいしそうですね! 

NetApp Employee on ‎2013-03-28 09:07 PM

カニ美味しかったです!(^^)

サンフランシスコに行くと毎回寄ってしまいます。サンフランシスコにお越しの際はぜひ!

on ‎2013-03-28 09:12 PM

こっちがメインのお仕事ですねw

NetApp Employee on ‎2013-03-28 09:23 PM

博物館行ったり、カニを食べたりもう忙しくって…ってどんな仕事ですか(笑)