Community

Flash Technology Report !! “How to Realize the Next Generation of Shared IT Infrastructure”

みなさん、はじめまして。ネットアップの岩本と申します。

本ブログ初登場となりますので、少しだけ自己紹介させてください。

私はパートナー SE 部という部署に所属しています。その中で、ネットアップのソリューションを活用することで、担当するパートナー様を支援することに注力しています。また、自ら技術に触れ、実機で検証した結果からベスト プラクティスを導き出し、世の中に発信していくことを意識しています。今回は、もはや IT インフラを語るには避けて通れない「フラッシュ技術」についてお話ししたいと思います。

さて、みなさんはフラッシュ技術を既にお使いでしょうか?または検討中でしょうか?昨今のフラッシュ デバイスを活用するアプローチは多岐にわたり、ネットアップとしても以下のアプローチを掲げています。

オール フラッシュ アレイは非常にホットな話題ではありますが、今後の投稿にて取り扱うとして、ここからはバーチャル ストレージ ティアに焦点をあててお話ししたいと思います。

ネットアップのバーチャル ストレージ ティアでは、ワークロードの特性に合わせて最適なフラッシュ技術を選択、または組み合わせることができるように、以下の 3 つの機能を提供しています。

では、これらの機能をどう適用すればコスト メリットを最大限引き出せるのか。そんな疑問をクリアにするために夜な夜な実機での検証を行い、そのテスト パターンは3500 回を超えました。そして、その膨大な検証結果から導かれたベスト プラクティスをテクニカル レポートとしてまとめました。


私の全てをここに置いてきました。説得力で実機での検証結果に勝るものはありません。是非、ダウンロードして読んでください!

最後に、このプロジェクトはまだまだ終わりではありません。フラッシュの技術は日々進化しています。例えば、今回の検証を始めたタイミングではリリースされていなかったため、検証に含めることができなかった Flash Accel (ネットアップが提供するサーバ側のキャッシング ソリューションを実現するソフトウェア)。未知の性能を叩き出すオール フラッシュ アレイ。これらの最新技術も組み合わせ、最強の次世代統合インフラを構築し、みなさんに発信していければと強く思っています。

それでは、またお会いしましょう!